玄関アプローチ

2021年3月29日

今回は玄関アプローチについて書いていこうと思います。

 

玄関アプローチは住まいの第一印象を決める場所ですよね!

使う素材を決めるときは雨の日の滑りにくさや歩きやすさなどに配慮して素材を選ぶといいです。

 

今回はその素材をいすくつか紹介します!

・敷石

和風にも洋風にも合わせやすく高級感を与えてくれます。

石灰石や御影石、石英岩などが多く使われていて御影石は特に和に合う上品な質感を持っています。

大理石は濡れると滑りやすいため敷石として使うには滑りにくく加工されたものを選ばないといけません。

長方形や正方形など四角に切り込んだものや、丸い形、乱形などもあり割れにくく丈夫なのでメンテナンスがしやすいのもメリットです。

引用:https://www.gardeningya.com/paving/paving_circle.html Green Care

 

・レンガ

温かみのある質感が特徴で色合いには濃淡のバリエーションがあります。

同じ大きさのレンガを使えば組み合わせやすくDIYにも活用しやすいです。

洋風のデザインによく合いグリーンとの相性もとてもいいです。

ナチュラルやアンティーク調にしたい方にお勧めです。

引用:https://www.keihangreen.com/blog/column/approach.html KEIHAN GREEN

 

・タイル

大きさや質感、カラーが豊富です。

汚れが落としやすくメンテナンス性にも優れていて色柄などデザインバリエーションも豊富なので同じタイルを使って統一感を出したり色違いを使って変化をつけるのもおしゃれでいいと思います。

質感によっては濡れると滑りやすくなるものもあるので滑りにくいものを選ぶといいです。

耐久性が高く、傷に強いのでメンテナンスなどの維持費がかからないというのもメリットです。

引用:https://www.ex-aisan.jp/blog/category8/108445 愛産

 

・コンクリート

無機質でスッキリしたモダンな印象に仕上がります。

他に比べて安価で経済的ですが仕上げ方によっては濡れると滑りやすくなる場合もあるので注意が必要です。

他に模様をつけるスタンプコンクリートという工法もあります。

コンクリートは雑草が生えてこないのでお手入れの手間も省けます!

引用:https://www.garden.ne.jp/blog/recipe/honbu/18000 ガーデンプラス

 

・砂利

砂利を敷き詰めて仕上げる工法で雰囲気を変えたい時に敷石やタイルの隙間に詰めたり、DIYにも向いている素材です!

砂利を敷き詰めた下の地面からは雑草が生えにくいと言われますがさらにその下に防草シートを敷けば効果がさらに高まります。

大きめの砂利は人が歩くと音が鳴ることから防犯対策としても効果的で施工費用を抑えることもできます。

 

 

 

5つ紹介してみましたが他にも枕木、インターロッキング、洗い出し、芝生などもあります。

 

 

 

どうでしたか?

周りにお花などを植えたり花壇を作ったりしても華やかな雰囲気になって良いと思います!

植物の温かみは石やコンクリートなどの無機質さを緩和してくれて、配置によっては目隠しや日よけの役割もしてくれますよ!