室内ドアの種類

2021年2月1日

今回は室内ドアについて書いていこうと思います。

 

お家には必ずあるドアですが今回はそのドアの種類について紹介していこうと思います!

 

まず一般的な

・開き戸

開き戸は最も一般的なタイプの扉で大きく分けて「片開き」と「両開き(観音開き)」の2種類があります。

開き戸は引き戸などに比べて遮断性、気密性が高いので音漏れが気になる場合に選ばれたり暑さや寒さ対策にもなりますが扉の開く側にスペースが必要になるのでスペースの確保が必要です。

 

他に引き戸に設置すると危険になりますが開き戸にはペットドアを付けることができるというメリットもあります。

引き戸はほとんどの場所に設置することができるので採用されることが多いです。

引用:https://www.daiken.jp/public/door/lineup/17110058.html DAIKEN

 

引用:https://ienakanote.com/member/444/record/20249/ イエナカ手帖

 

・引き戸/吊り戸

扉を右か左に並行移動させて開閉するタイプのドアです。

敷居のついたものが引き戸で上から吊るして床にレールがないものが吊り戸になります。

スライド式には「片引き戸」「引違い戸」「引分け戸」「引込み戸」の4種類があり、扉が開いている状態でも扉が邪魔になることはありません。

開き戸と違い前後に開閉のスペースは不要ですが、扉を収納するスペースが必要になったり遮断性や気密性が低いことがデメリットです。

吊り戸はレールがないので床をフラットにすることができますがより気密性が低くなってしまうので設置する場所には注意が必要です。

引用:https://www.reform-guide.jp/topics/hikido-reform/ リフォームガイド

引用:https://www.daiken.jp/door/lineup/17110039.html DAIKEN

 

 

・折れ戸

蝶番に繋がれた二枚一組の扉を畳むことで開け閉めするタイプです。

両折れ戸」「中折れ戸」の2種類があり開閉にそれほどスペースを取ることがないです。

狭い空間を仕切るのに向いているため家庭では浴室の扉などに使われることが多く、また開くときに前後で必要なスペースが少なくて済むので廊下など狭い場所にも向いています。

引用:https://www.daiken.jp/door/lineup/17110039.html DAIKEN

 

 

 

 

 

扉にも色んな種類がありますがお家や生活をするうえで使いやすいタイプの扉を選んでみるといいと思います。