天井クロス

2021年3月22日

今回は天井クロスについて書いていこうと思います。

 

天井クロスを選ぶときは床→壁→天井の順番に明るい色を選ぶと広々とした空間に見えます。

 

選ぶクロスを柄入りにする場合は部屋の広さと色数のバランスを考えないといけません。

広い空間の天井に色の多い柄のクロスを貼ってしまうと賑やかすぎる印象になってしまいます。

逆にトイレなどの狭い空間なら少し派手な柄でも馴染みやすいです。

 

 

天井と壁、すべて異なるクロスにする場合はカラートーンを揃えたり同系色のグラデーションにするのもいいですし壁と天井を同じ塗り壁調にするなど素材感を揃えるのも統一感があっていいと思います。

引用:https://roomclip.jp/photo/Mo0x RoomClip

 

 

 

 

 

木目調の壁紙は自然素材が多く使われている日本の家に馴染みやすいです。

柾目柄は部屋がすっきり見え、ヘンリボーンなどを選べば空間にアクセントをつけてくれます。

デザイン性のあるクロスをてんじょうに貼る場合は壁紙は無地の方がいいと思います。

引用:https://happysmilelife.com/wooden-wall-581 myHOME+living

 

 

 

 

淡いベージュのアクセントクロスは、木目家具と相性のいい色味でベージュトーンのインテリアにはワンポイントのグリーンやお花を取り入れるのもおすすめです。

 

 

木目調のアクセントクロスを取り入れると落ち着きと高級感のある部屋に見せてくれます。

明るい素材の木目天井を取り入れることでより開放感のある空間になります。

 

 

 

 

 

 

このような感じで、天井にもアクセントクロスを取り入れるとまた雰囲気の変わった部屋にすることができると思います!