フェイクグリーン

2021年1月15日

以前に観葉植物について書きましたが今回はフェイクグリーンについて書いていこうと思います。

フェイクグリーンはお手入れの必要がないのでいつも植物を育ててもすぐに枯らしてしまうという方や、水やりを忘れてしまうという方にとてもおすすめです!

 

サイズも沢山あるので大型のものだったら床置きしたり多肉植物だったら壁に吊るすのもおしゃれです。

 

引用:https://hitohana.tokyo/note/2283 HitoHanaNote

 

 

 

フェイクグリーンは本物と違ってそれ以上育つことがないので、置き場所とのバランスを考えながら選ぶことができます。

 

棚など目線の高さに置くなら20~30㎝くらいのもの、床置きで部屋の主役として選ぶなら150㎝前後のもの、ワンルームや玄関など広さがあまりない場所なら100㎝くらいのものでも十分存在感があります。

 

引用:https://hellointerior.jp/note/post-10879/ Hello Interior

 

 

 

茎の部分にワイヤーが入ったタイプなら形を変えることができるので飾り方のアレンジがしやすいです。

 

ワイヤーほど自由に調整はできないですが樹脂製のものや形状記憶タイプもちょっとした微調整が出来るのでおすすめです。

 

 

フェイクグリーンは日当たりや水やりの心配がないので好きなものを好きな場所に置けるというのも魅力です。

 

 

ナチュラルテイストのお部屋には比較的どのようなタイプのフェイクグリーンも馴染みやすく、選んだグリーンの色で部屋の雰囲気も変わります。

 

ライトグリーン系だと部屋が明るい雰囲気に、ダークグリーン系だと落ち着いた雰囲気になります。

引用:https://greensnap.jp/article/7758 Green Snap

 

 

 

なるべくリアルなフェイクグリーンが欲しいならマットで起毛したタイプを選ぶといいです。

 

元々の植物の素材感にもよりますが葉や茎の表面を起毛させることでリアル感がアップします。

 

 

 

フェイクグリーンには空気を綺麗に保てる光触媒タイプもあり、デザイン性だけでなく置くだけで空気を綺麗にすることができます。

 

光触媒加工がされているものなら太陽光はもちろん照明光に反応して、消臭・抗菌・洗浄などの効果があるといわれています。

 

本物の植物も空気の浄化作用がありますが、フェイクグリーンからもそのような効果を取り入れられるのは嬉しいですよね!

 

 

 

どうでしたか?

本物の植物とフェイクグリーンと自分に合った方を選んでインテリアにい取り入れてみるのもいいと思います!