バスルーム

2021年1月8日

今回はお風呂についてです!

浴室はほとんど毎日入る場所ですよね。

私はいつもお風呂に入るまでが嫌で中々入ろうという気持ちになれません(笑)

 

ですが、おしゃれで機能性がいいと入りたくなりませんか?

 

ユニットバスメーカーの床材ならデザインも機能性も良く、TOTOやLIXILなどの大手メーカーはバリエーションも木目調、石目調、モザイク調など種類が豊富です。

 

カラーも優しい色からシックなカラーまで様々です。

またユニットバスは壁のつなぎ目がほとんどないので掃除も楽になります。

 

引用:https://jp.toto.com/products/bath/sazana/color/ TOTO

 

引用:https://www.lixil.co.jp/lineup/bathroom/arise/case/type_z/ LIXIL

 

 

浴槽の素材にも複数の種類があり質感やお手入れのしやすさなどが違うので見た目も大切ですが耐久性の高さなども考えながら選ぶといいと思います。

 

 

 

浴室の形ですが湯船にゆっくり浸かってリラックスしたいという方は丸みを帯びたデザインの「たまご型浴槽」や手足を伸ばして広々使える「ワイド型浴槽」がおすすめです。

 

洗い場のスペースにゆとりを持たせたい場合は浴室の角にフィットする形の「コーナー浴槽」や一片が斜めになっている「斜め浴槽」などがおすすめです。

 

 

他には壁の全面・一面をガラス張りにするデザインもあり、浴室を開放的な空間にしたい方は壁をガラス張りにするという方法もあります。

全面ガラスは少し抵抗があるという方は扉だけをガラス張りにしたり、すりガラスでもガラス越しに光を通して明るい空間にすることができます。

 

ただし、ガラスの範囲が広ければ広いほど掃除が大変になってしまいます。

 

 

壁のデザインは海外のバスルームのように仕上がるタイルが人気の素材です!

最近では水廻りに適したタイル材もあるのでお手入れのしやすさを考慮しながら選んでみてはどうでしょうか?

 

 

どうでしたか?

みなさんの理想はどんな浴室ですか?