タイルカーペット

2022年4月15日

今回はタイルカーペットについてです!

 

タイルカーペットには様々な種類がありますが、大きく家庭用と業務用に分けられます。家庭用のものは簡単に貼れるように裏面に吸着面があるので、並べるだけで設置することができます。

その他に、家庭用のタイルカーペットは防音機能や丸洗いできる機能が付いているものもあります!

 

 

業務用のタイルカーペットは使用する場所によって沢山の種類があります。

空港、デパート、エントランスホールなど歩行の多い場所には耐久性の高い重歩行用のタイルカーペットが使われ、逆に歩行の少ない場所には中歩行用のカーペットが使用されます。

業務用は家庭用と違い裏面に吸着面がないものがほとんどなので自分で敷くのは難しいです、、

 

 

・タイルカーペットのパイルの違い

【ループパイル】

代表的なパイルでループ状のものになります。

ループ状になっているのでカーペットのパイルに弾力性があります。

その為、パイルがヘタリにくいという特徴があります!

引用:https://bicklycarpet.co.jp/column/carpet/cpt-15/ BICKLY CARPET

 

 

 

【テクスチャーパイル】

長いパイルと短いパイルでできたタイルカーペットです。

長さに長短があるため踏み心地はループタイルよりも柔らかいです。

しかし踏み心地が柔らかい分パイルのヘタリが少し早いのがデメリットになります。

 

 

 

【カットパイル】

パイルのループをカットしたタイプのものです。

ループがカットされているので踏んだ感じが柔らかく防音性も高くなります。

その他にもペットの爪などが引っかかったりしないのでペットを飼っている方にもおすすめです!

しかし、柔らかいのでその分ヘタリが早くなるデメリットもあります、、

引用:https://www.cecile.co.jp/detail/VP-730/ cecile

 

 

 

【カット&ループパイル】

ループタイプとカットタイプの二つを使用したカーペットです。

柔らかさ、弾力、ヘタリ具合はカットパイルとループパイルの間くらいになります。

踏み心地も良く耐久性もいいので家庭用におすすめです!

引用:https://lime-lime.net/limeblog/2020/06/25/rugpile/ Lime Lime

 

 

 

 

4つのパイルの種類を紹介しましたが、どうでしたか?

クッション性があるので、小さいお子様やペットを飼われているご家庭にもおすすめですので是非検討してみてください!