レンジフード

2022年4月28日

今回はレンジフードについてです!

 

 

レンジフードはコンロの真上にコンロを覆うように設置されたフードと、調理によって発生する煙やにおいを吸い込み屋外に排気するためのファンが一体になっているものです。

 

 

 

・レンジフードと換気扇の違い

この二つの違いのひとつに空気を排出する仕組みがあります。

換気扇に使われるプロペラファンは壁に直接設置されていて、屋外にそのまま排出されます。

 

 

一方、レンジフードに使われるシロッコファンは換気扇が壁に面していないので集合住宅を中心に活躍し、稼働時の音がほとんどなく静かに動いたりダクトを通すため外気の影響を受けにくいなどのメリットがあります。

 

 

またシロッコファンとは別にターボファンというものもあります。シロッコと仕組みは変わりませんが風量がアップします!

                    プロペラファン

シロッコファン

 

引用:https://www.renoco.jp/knowledge/177/ リフォームのリノコ

 

 

 

・レンジフードの種類

【スリム型】

シンプルな形でデザイン性が高いのが特徴です。

本体の真下に「整流板」というものが付いており、四方から空気を取り込みます。

吸い込み口を敢えて狭くすることでスピード吸引を行う仕組みです。

コーティング付やノンフィルタータイプもありますが、機能的であればあるほどコストは上がってしまいます、、、

しかし、シンプルな構造になっているのでブーツ型より掃除がしやすいというメリットもあります!

引用:https://www.noritz.co.jp/product/kitchen01/rangehood/lineup1.html ノーリツ

 

 

 

 

【ブーツ型】

広く普及している一般的なタイプのレンジフードです。

空気の吸い込み口が広い為、調理の際の煙を集める機能が十分にあり換気性能も安定感があります!

ですが、内部が少し複雑なため掃除が大変になるというデメリットもあります、、

引用:https://www.noritz.co.jp/product/kitchen01/rangehood/lineup2.html ノーリツ

 

 

 

 

【フラット型】

フラット型はどのタイプよりも縦の幅が薄いコンパクトなレンジフードになります。

キッチンが手狭であったり、天井が低い場合にとても活躍します!!

構造としてはブーツ型と同じものになります!

引用:https://www.noritz.co.jp/product/kitchen01/rangehood/lineup2.html ノーリツ

 

 

 

 

・レンジフードとコンロの連動

種類やメーカーによってはコンロとレンジフードが連動するものもあります。

コンロの火を点火するとコンロから赤外線を送信してレンジフードが自動的に稼働してくれます。消火すると数分後に停止してくれるので、消し忘れがなくなると節電にもなります!

 

 

 

 

〇最後に

今回はレンジフードについて紹介してみましたが、どうでしたでしょうか?

ワンシングでもレンジフードやコンロの工事もしておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください!